Date

正しい子宮筋腫の知識を身に付ける

正しい子宮筋腫の知識を身に付けるとは
Breast Cancer Ribbon

子宮筋腫の症状を良く知りましょう

子宮筋腫という病名は比較的よく聞きます。

特に始めての妊娠や30代以上の女性の健康診断などで指摘を受けることもあり、半数以上の女性にあることがわかっています。

それほど多い病気であるといえます。

ところが治療となると実際には受けないことが多いのも事実で、そんな事から病気ではないと軽く考えがちですが、実はやっかいな症状がいくつかあります。

検診以外には生理の時に異常に出血が多いとか腹部の圧迫感、あるいは腰痛のひどさから気づく事があります。

生理での多量の出血は間違いなく婦人科を受診しようと思うのですが、腹痛や腰痛ではなかなか婦人科には行きません。

結婚前の若い女性ならなおの事です。

ですが、初潮がきた女性はまだ成人していなくても体の不調はまず婦人科を受診した方がいいと考えます。

それくらい子宮筋腫なども決して成人女性にだけあるという症状ではないからです。

たとえ成人前であっても、娘を持つ母親はこういった事も考えて一緒に受診するくらいの気持ちを持って対処した方がいいと思います。

子宮筋腫とは大まかにいうと子宮の壁にできる良性の腫瘍です。

悪性のガンとは違うのでよほど症状が重くない限り治療といった治療をすることはなくほとんどの病院で経過観察となる事が多いようです。

小さいものは数ミリ、大きくなると拳大よりかなり大きくなるようです。

小さいとほとんど自覚症状もなく出産や検診によって偶然みつかるといったケースも多くあります。

大きくなりすぎると外から触ってもそのしこりに気づいたり、かなりの頻度で出血が多くなって貧血になってしまったとか、腰痛がひどく起きる事もできないといった事もあります。

また下腹部や腰を圧迫しているので頻尿や便秘に悩まされたりしますし、腎臓が腫れてしまうといった症状がでる人もいます。

少しどうかなと思っても子宮筋腫自体を病気と思っていない人がほとんどなので、ついついそのままにしてしまっていることも多いといいます。

ですが、他の婦人病を早期に発見する意味においても年1回くらいはこのような超音波の検査を受けることを勧めます。

子宮筋腫の正しい知識をココで身に付けよう

ひどくなってからでは治療自体が大ごとになるという事を知って欲しいです。

Comments are closed.